都市伝説

生命誕生の謎 解けました!

投稿日:

46億年前に、
太陽系のガスやチリが集まって、
地球が誕生しました。

地殻が形成され、
大気中にあった水蒸気が、
雨となって、地表に降り注ぎ、
「海洋」が形成されました。

40億年前ごろと考えられています。

やがて海洋には、生命が誕生しました。

現在の研究者の知見では、
40~38億年前のことと考えられています。

では一体、
どのようにして生命は誕生したのでしょうか?

1953年、
アメリカのスタンレー・ミラー博士は、
メタン、アンモニア、
水蒸気を満たしたフラスコの中で、
電気の放電を繰り返し行いました。

実験装置で、原始地球を見立てたのです。

何日かたつと、フラスコには、
アミノ酸(タンパク質の材料)や
塩基(DNAやRNAの材料)
などの有機物が合成されていました。

アミノ酸などの化合物は、
「生物だけが作ることのできる特別な物質」
であると考えられており、
この実験は衝撃的でした。

なぜアミノ酸がつくられるのかは
まずセントラルドグマで
オートファゴソームと
呼ばれる脂質膜の袋で包み込み、
種々の分解酵素を含むリソソームや液胞
といった分解専門の細胞小器官に運び入れて分解します。
その後、オートファジーをし、
アミノ酸がつくられるのです。

オートファジーの仕組みの解明は
今年、ノーベル賞の登竜門と言われる
ガードナー国際賞を東京工業大学の
大隅良典栄誉教授が受賞しました。

 

その後、ノーベル生理学・医学賞
を受賞されました!

 

細胞内でタンパク質をリサイクルする
オートファジーの
詳細な仕組みを解明したことが
世界的に高く評価されました。

 

細胞の「自食作用」とも
呼ばれるこのメカニズムは、
生命活動を支える
最も基礎となる仕組みです。

 

 

セントラルドグマとは、
遺伝情報は「DNA→(転写)→mRNA→(翻訳)→タンパク質」
の順に伝達される分子生物学の概念です。
フランシス・クリック氏が1958年に提唱しました。
この概念は細菌からヒトまで、
原核生物・真核生物の両方に共通する基本原理です。

オートファジーとは
細胞が持っている、
細胞内の大規模な分解システムです。

自食(じしょく)とも呼ばれます。

酵母からヒトにいたるまでの
真核生物に見られる機構であり、
細胞内での異常な
タンパク質の蓄積を防いだり、
過剰にタンパク質合成したときや
栄養環境が悪化したときに
タンパク質のリサイクルを行ったり、
細胞質内に侵入した
病原微生物を排除することで
生体の恒常性維持に関与しています。

 

auto-はギリシャ語の「自分自身」を表す接頭語、
phagyは「食べること」の意。

神奈川大(横浜市)は2015年9月29日、
理学部の菅原正教授(物理有機化学)のグループが、
繰り返し分裂し増殖できる
新しい人工細胞の構築に成功したと発表しました。

 

菅原教授は
「細胞が何世代もできる
仕組みが作り出されたことは、
どのように生命が誕生したのかを
知る手掛かりになる」と言っています。

研究グループは
英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで
論文を公表しました。

-都市伝説
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

大型ハドロン衝突型加速器

CERNが8兆円かけてつくった LHC(大型ハドロン衝突型加速器)は 地下100メートルに27キロメートルの リングを持つトンネルで 山手線全駅の線路分ほどの長さがあり 稼働させるのに原発数基分必要と …

フィラデルフィア実験

ペンシルベニア州フィラデルフィア沖合 で行われたとされる、 アメリカ海軍のステルス実験 正式名称『レインボー・プロジェクト』 ニコラ・テスラが設立したと言われる レインボー・プロジェクトの一環であった …

この宇宙は「ミンコフスキー時空」

リトアニア生まれのユダヤ系ドイツ人数学者 ヘルマン・ミンコフスキーは アインシュタインの スイス連邦工科大学の数学の先生です。   ミンコフスキーは、 当時若くして独創的な 数学者の一人とみ …

エネルギー量 比較 つくってみた

ジュールとは 国際単位系におけるエネルギー、 仕事、熱量、電力量の単位である。 1 ジュールは標準重力加速度の下でおよそ 102.0 グラム(小さなリンゴくらいの重さ)の物体を 1 メートル持ち上げる …

反重力実験 ハチソン効果

1979年、ジョン・ハチソンは、 カナダのバンクーバーにあった彼の研究所で、 テスラ・コイルを応用した 「ヴァンデグラフ発電機」を発明した。 ある日、ヴァンデグラフ発電機の装置を、 起動させているとき …

副業のお手本公式メルマガ

[登録無料]【ツイッターバズリー】←コチラから

 

らに!!
無料登録していただくと
40種以上の
稼げるネタ
PDFが納められている
鍵付[書庫]
をプレゼントします。

[再配布可能]

なのでよかったら
リスト取りに使ってみてください。


Mr.X(仙人)さんから直接コピーライティングを教わった、ネットビジネス黎明期から活躍されてる村上宗嗣さん推薦の仮想通貨教材⇒マネーコード・プログラム~仮想通貨でお金持ちになる方法~

副業のお手本
友だち追加
[LINE ID]@tdj3933i

 

 

1000円が1000倍、
10000倍にも

増えるかもしれない
仮想通貨を
おすすめします。

 

世界初の仮想通貨
ビットコインは

元日本人の
ナカモト サトシさんの
論文がもとで
開発されました。

ビットコインの
最小単位は
1satoshiです。

1億satoshiで

1ビットコイン
になります。

 

通貨の発行は、
ユーザーが高度な
演算問題を解く

「mining(採掘)」という

作業などを
通して行われます。

 

ただし、
その演算処理は
発行量が増えるに
従って複雑になり、

2100万コイン以上は

創出できないように
設計されているので

何千種類もの

暗号通貨が
出回っています。

 

そのほとんどが
価値のないものですが、

しっかりとした取引所で
買えるものは
信用が高いものです。

 

宝くじでも
3000円買っても

300円になる
だけですよね?

良くても
3000円が当たるだけ。

なぜなら宝くじの
還元率は40%ほど
だからです。

 

本当に10000倍になる

可能性が仮想通貨
にはあります!

 

ビットコインを
2010年に1万円
買っていた場合、
2018年現在で
30億円です。

 

儲かると思って
大金を投資すると
痛い目をみる
かもしれませんが
1000円が1万倍に
なったら
うれしいですよね?

1000円が0円になっても
そんなに問題ないですよね?

 

宝くじを
買うくらいなら

仮想通貨を
買ったほうが

断然、夢があります!

 

今しかない
チャンスだと
思ってください。

行動するだけで

大金が得られる
チャンスです。